神戸経済ニュース 編集長ブログ

神戸経済ニュース(https://news.kobekeizai.jp)の編集長・山本学のブログです

「白旗」のサイン

ネット上で見かける論争では、論理が詰まっていない人の典型的な特徴があって興味深い。そういう人は、なぜか多くの場合に言葉遣いが攻撃的だ。態度が居丈高とでもいうべきか。そして、あなたのいうことはおかしいですよと論理的に指摘されると「理解できな…

暑さでノビる。

自転車の「虫ゴム」を交換した。前回交換したのは東京だったから、2年半以上取り替えていなかったことは間違いないが、やはりこの暑さでゴムが伸びてしまったのだろうか。こちらは暑さでノビる寸前だ。室内ではエアコンを使うにしても、移動する屋外の暑さ…

それでもパンダは必要?

神戸市の王子動物園にいるパンダが返還される。中国が香港の1国2制度を守らないとか、海洋進出が激しいとか、少数民族に対する虐待の疑惑とかが膨らむ中で、代わりのパンダに中国から来てほしいと素直に言いにくい情勢になったきたのではないか。パンダを…

「新しい生活様式」

名前がどうもね。いずれにしても自粛を要請された状態での生活様式なわけでしょう。

しかし、いまさら…

★神戸市教委、休校の補完にサンテレビを活用へ 連休明けめど放映・教育長答弁 (2020/04/30)https://t.co/FPgM1tJ6zC#kobecity #神戸 #神戸経済ニュース— 神戸経済ニュース (@kobe_keizai) 2020年4月30日 サンテレビなのですね。テレビなんて一瞬、見逃したら…

4月とか9月とか、両方あればよいのでは。学校の始業について

学校の始業時期を4月から9月に変更する議論が出ている。9月に変えたい派の根拠も、変えたくない派の根拠もよく分からない。そもそも、学校だけがなぜ4月(または9月)に一斉に始まらなくてはならないのか。 就職のことを考えるとすれば、企業は通年採用…

新型コロナ、国政も報道も気持ち悪い

新型コロナウイルスを巡る緊急事態宣言を政府が全国に拡大したのは、ちょっと根拠が不明だ。感染者数は累計だと増えるのは当然だし、それが一部で指摘されているような「指数関数」(結果Yは、原因Xのn乗に比例して増加するとかいうやつ)の増えかたには…

オンライン飲み会

オンライン飲み会。いまさら話題になっているけど、個人的には以前あった「Google+」(グーグルプラス)のハングアウト機能(現在のグーグルハングアウト)を使って、東日本大震災の直後ぐらいから結構頻繁に参加していた。きっかけは震災とは特に関係なか…

延期になった五輪

延期になった五輪・パラリンピックで、もしも来年、東京の競技場の手配ができない競技が発生した場合、マラソンを札幌でするみたいに、東京以外の都市で引き受ける可能性はあるのだろうか。オリンピックでもパラリンピックでも、1競技ぐらい神戸に来ないか…

「ゆるキャン△」

放送の終わった「ゆるキャン△」のドラマに好感を持ったのは、関西弁で話す登場人物「犬山あおい」の関西弁が正確だったからだ。耳のいい役者さんなのだと思われる。 それにしても、山梨県はそんなにアウトドアが盛んなのだろうか。確かに立地はキャンプに向…

さて来週は?

神戸市は来週も学校を休みにするかどうか、神戸医療産業都市に聞かないのだろうか。再生医療の専門家はたくさんいるけど、もしかして感染症の専門家っていないのかな?

新型コロナ感染者、常識的すぎる神戸市の判断

神戸市内で判明した新型コロナウイルスの感染者が何区に住んでいるのか、何線を使って通勤したのか明らかにしなかったことで、一部の人が反発していると、神戸新聞が伝えている。しかし、神戸市の判断は、あまりにも常識的で、妥当というほかない。仮に感染…

ストリートピアノ

取りやめることで新型コロナウイルスの感染拡大を防止できるという理屈がよく分からない。ストリートピアノをやめるぐらいなら、満員電車での通勤を禁止するほうが先じゃないか。 マラソン大会は飛沫が飛ぶから中止というのは分からなくもないが、たとえばク…

新型コロナウイルス対策は…

さすがに全国一斉に学校を休みにするのは、やりすぎじゃないか。右にならえしないのはとてもエネルギーが要ることだろうが、小野市がんばれと言いたい。兵庫県内では唯一、学校を休みにしないと決断した自治体だ。 従来型コロナウイルスも特効薬はないのだか…

神戸ABCの旅(9)「I」板宿(いたやど)

●第9回 「I」板宿(いたやど) シリーズ「神戸ABCの旅」の第9回です。神戸の地名をアルファベット順に1カ所ずつ訪ねていくうちに、長らく離れていた神戸の土地勘も戻るのではないか、という企画です。土地勘も戻る、というか何というか、しかし神戸に…

神戸ABCの旅(8)「H」はりま もしくは 旗振山

●第8回 「H」はりま もしくは 旗振山 シリーズ「神戸ABCの旅」ですが、ようやく第8回を更新します。神戸の地名をアルファベット順に1カ所ずつ訪ねていくうちに、長らく離れていた神戸の土地勘も戻るのではないか、という企画です。月に2回ずつ更新す…

中曽根元首相が死去 101歳

中曽根康弘元首相が亡くなったそうです。101歳。ご冥福をお祈りします。中曽根さん、といえば国鉄→JR、専売公社→JT、電電公社→NTTという3公社の民営化という指摘が多いけど、元はといえば「前川リポート」だ。30年以上が経過した現在から見ても、前…

神戸市長の朝日への反論「大連載」が完結 小学校の先生のいじめ問題

久元神戸市長が自身のブログで、11月4日の朝日新聞社説に対する反論を10回に渡って展開し、教員間いじめの加害者である小学校の先生の給料をストップさせる条例をスピード整備したことの正当性を訴えた。忙しい中ちょっとずつ書き足したのだろうことは想像…

神戸ABCの旅(7)「G」外国人墓地

●第7回 「G」 外国人墓地 シリーズ「神戸ABCの旅」ですが、第7回になりました。神戸の地名をアルファベット順に1カ所ずつ訪ねていくうちに、長らく離れていた神戸の土地勘も戻るのではないか、という企画です。このシリーズにしては更新の間隔が短い…

神戸ABCの旅(6)「F」再度公園

●第6回 「F」 再度公園 シリーズ「神戸ABCの旅」ですが、ようやく第6回です。神戸の地名をアルファベット順に1カ所ずつ訪ねていくうちに、長らく離れていた神戸の土地勘も戻るのではないか、という企画です。こんな調子では、なかなか土地勘は戻りま…

「こどものための図書館」に対する一抹の不安

いまはそんなことないかもしれないけれど、小学校や中学校の図書室がどうも苦手だった。かれこれ30年も前の話だから、まだ学校には蔵書が少なかったのかもしれないし、いまはLL教材も充実していて事情が異なるのだろうけど、要するに置いてある本が退屈だ…

神戸ABCの旅(5)「E」会下山

●第5回 「E」 会下山 シリーズ「神戸ABCの旅」ですが、ようやく第5回です。神戸の地名をアルファベット順に1カ所ずつ訪ねていくうちに、長らく離れていた神戸の土地勘も戻るのではないか、という企画です。しばらくぶりですが、お付き合いください。 …

兵庫県は5国?

兵庫県は「5国」(摂津、播磨、但馬、丹波、淡路)から成り立っている、というキャンペーンを熱心にしているが、あんまり5国って言わないほうがよいのでは。なぜなら、備前福河だって兵庫県だし、佐用町の一部は美作(みまさか)だったから。兵庫県の「県…

神戸ABCの旅(4)「D」道場(後編)

●第4回 「D」 道場(後編) 前編はこちら。 シリーズ「神戸ABCの旅」の第4回の後編です。Dが頭文字である神戸市内の地名「道場」を訪ねています。どちらかというと、後編は余談という風情です。 塩田八幡宮で対面した意外なものといえば、これでした…

神戸ABCの旅(4)「D」道場(前編)

●第4回 「D」 道場(前編) シリーズ「神戸ABCの旅」の第4回です。神戸の地名をアルファベット順に1カ所ずつ訪ねていくうちに、長らく離れていた神戸の土地勘も戻るのではないか、という企画です。引き続きお付き合いください。 Dで始まる地名は、ど…

神戸ABCの旅(3)「C」センタープラザ

●第3回 「C」 センタープラザ シリーズ「神戸ABCの旅」の第3回です。神戸の地名をアルファベット順に1カ所ずつ訪ねていくうちに、長らく離れていた神戸の土地勘も戻るのではないか、という企画です。引き続きお付き合いください。 さて「C」で始まる…

神戸ABCの旅(2)「B」弁天町

●第2回 「B」 弁天町(べんてんちょう) シリーズ「神戸ABCの旅」の第2回です。神戸の地名をアルファベット順に1カ所ずつ訪ねていくうちに、長らく離れていた神戸の土地勘も戻るのではないか、という企画です。アイウエオ順だと途中で飽きそうだし、…

「令和」の印象

新元号「令和」の典拠は万葉集の梅花の歌三十二首の序文にある「初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮(はい)後の香を薫す」だそうです。辞典を引いたところ、令月とは「何をするにも良い月、めでたい月…

4月1日

ジャニーズがスカウトに来た。

プリンター

プリンターが故障した。買い替えかな。とほほ。